本文へスキップ

司法書士法人グリーンウイング(東銀座事務所)は、不動産及び会社・法人の登記を専門とする、中国語対応司法書士が常駐する事務所です。-

TEL. 03-6264-3293

〒104-0045 東京都中央区築地四丁目1番1号

すべての業務に中国語でも対応します。

所有業務司法書士可以用中文和當事人溝通、對應。
簡體字也可以使用,電郵、微信、LINE等工具上的文字溝通時,簡體字、繁體字都可以發給我們。

台湾戸政事務所発行文書の取得

日本に暮らす台湾出身の方や、台湾にルーツのあるご家庭の方が、台湾の戸籍謄本、印鑑証明などが必要となることがあります。

弊所では、台湾の戸籍や不動産登記手続の専門家である「地政士」の先生と連携し、台湾の戸政事務所が発行する以下のような公文書の取得を支援します。

(1)戸籍謄本
(2)除籍謄本
(3)印鑑証明
(4)台湾の戸籍情報に相続人(又は依頼者様本人)の記載がない旨の公的証明書

「地政士」の先生
や台湾にいらっしゃる親族・知人の方など代理人に申請を依頼する場合、
「授権書」(つまり委任状です)への署名に関する台北駐日経済分化代表処の認証が必要となります。
相続人からの申請の場合は、被相続人本人との関係性や利害関係を証明できる書面についても中国語に翻訳のうえ、同じく認証が必要となる場合があります。

弊所では、台北駐日経済分化代表処での手続のサポートもしています。

費用の目安

(1)基本報酬 5万5000円(消費税込)

(2)翻訳料金 1通につき5500円(消費税込)、1通の字数やページ数が多い場合は加算をお願いすることがあります。

(3)日当 1回につき5500円(消費税込)
   台北駐日経済文化代表処への同行などが想定されます。

(4)台湾地政士費用 現地で戸籍謄本等の取得を代行してもらう費用です。6000台湾ドル〜

(5)その他実費 郵送代や交通費の実費、台北駐日経済文化代表処での認証費用

以上を積算し、多くの相続手続では、10〜15万円ほどになる例が多いです。

たとえば以下のような案件では、台湾側で取得する書面の通数が多くなり、費用もより高額となることがあります;
●被相続人の本籍移転が頻繁に行われていた場合
●数次相続が発生し台湾の戸籍謄本の枚数が多い場合
●遺産分割協議書に押印をお願いする当事者が多い場合
●不在者財産管理人の選任申立てが必要な場合


バナースペース

司法書士法人グリーンウイング

〒104-0045
東京都中央区築地四丁目1番1号

TEL 03-6264-3293(日本語受付)
TEL 070-3542-0816(中国語対応可)
FAX 03-6264-3299